「どうして自分は妊娠できないのか?」と悩むのではなく赤ちゃんを迎えるための前向きな行動を徹底的に実践してみる

妊活の豆知識

当サイトでは、「妊活」というイベントに取り組むカップルを対象にしていますが
その状況・想いというのは、カップルそれぞれ事情が異なると思われます。

「何となく欲しくなってきた」

から、

「長い間待っているけど、なかなかやってこない」

まで、中には非常にシリアスな事情を抱えているカップルも多いはずです。

そして、その悩みがより深くなってしまう事態が

「なぜ妊娠できないのか分からない」

というケースです。

しかし、悩むのではなく”できること”をするしかないことが現実であり
その「理由(原因)」に関しても、もう一度冷静になって考えてみる必要があります。

時間は確実に過ぎていくものだから

「どうしてできないのか、全く見当がつかない」

という場合には、基本的には、婦人科」や「レディースクリニック」といった
”専門の機関”を訪れて、しっかり検査をすることが必要です。

それも、できるだけ早めに判断して向かうことが大切でsづ。

しかしながら実際には、訪れるべきタイミングで訪れないカップルが大半です。

理由としては、

「何かトラブルが見つかったらと思うと、怖くて行けない」

といったものも多く、その”トラブル”を見つけるための通院であることから
まさに、「本末転倒」とも言えるカップルが多いことが現実です。

加えて、こちらの方が多いと考えられる
「できるならば、”自然なかたち”で妊娠したい」というものです。

これは、納得する方も多いと思えます。

しかしながら、その考えというのはメリット・デメリットの両方があり
実際には、この考えこそが「元凶」とも言えます。

まず、早い段階で「なんとなく妊活を始める」というのは
心理的なプレッシャーも少ないことから、ぜひ推奨されることです。

ただし、「そのうちできる」という考えによって
「本当の不妊」を招いてしまう例というのが、非常に多いのです。

現在の不妊事情として、「高齢妊活」というのは最も大きな要因と言えます。

そしてそれを招いているものこそが、「いつか、自然にできる」という希望そのものなのです。

「加齢」は確実に膨らむリスク

”不妊”の定義としては、

欲しいと願っている、行動(タイミング法の実践等)しているにも関わらず
「1年以上(従来の2年から変更された)」授かることができない、という状態です。

この事情を抱えたカップルは、現在珍しくはないものです。

不妊には、女性側が要因を抱えている、「女性不妊」

男性側にトラブルが発生している、「男性不妊」

更に「両方に問題がある」また「原因不明」というケースもあります。

これらの内容を、細かく見ていくと

  • ホルモン
  • 生殖細胞
  • 男性機能
  • 子宮環境
  • 健康問題

いくつかのピンポイントの要因にたどり着くことになりますが
これらの根本には、「加齢」という<身体機能の低下>が関わっています。

特に精子・卵子という、「生殖細胞」の劣化に関して顕著と言えます。

衰えた精子・卵子の、「受精」や「着床」する能力が低下しているのです。

とにかく”早く徹底的”に

これらの根本的な要因の、さらに根本的な改善策としては
「若い時期に妊活をする」ということしかありません。

それは食生活・生活習慣の改善や、また「妊活サプリ」の利用等様々なものを含みます。

もちろん、「シリンジ法」も試してみるべき価値のあることです。

しかしながら、共働き・晩婚化・経済事情等の事情からも
必ずしも、早めに始めることができないことも多いです。

しかし、そうだとしても”できるだけ早く”ということ
”やれることは全て”という、徹底した決意が必要です。

タイトルとURLをコピーしました