着床している可能性のある時期の正しい過ごし方と妊娠が期待できる証拠とは

妊活の豆知識

精子と卵子を出会わせる「タイミング」をバッチリと合わせ、
「タイミング法」を実施し、「受精」に至ったとしても
その時点では、まだ”妊娠できた”ということにはなりません。

「着床」して、初めて妊娠言える状態となります。

「最後の生理の始まり」を「妊娠0日目」とするため、
着床の時期というのは、「妊娠3週目」にあたり
タイミングをとってから約1週間で「根付く」と考えられます。

「受精卵」となってから、細胞分裂を繰り返し
自分の居るべき場所である「子宮」にたどり着くまでには
それだけ時間がかかる道のりが待っているのです。

そして、妊娠を望んでいたカップル・特に女性に関しては
この時期の過ごし方が、非常に気になる方が多いと思います。

神経質にならずに安らかに過ごす

基本的には「着床することができるか」どうかは
受精卵になった時点である程度決まっています。

「流産」と同じく、「安定期」までの経過というのは「受精卵(精子・卵子)」の質に大きく依存します。

何よりも”今まで通り”に妊活中に心がけていた生活習慣を、淡々と過ごしましょう。

”あたたかい子宮”を意識した生活

ただし、できるだけ着床のためになることは意識すべきであり
その中ではやはり「子宮」をしっかり温めておくために
ホルモン環境を意識した生活を送りましょう。

ゆっくりとお風呂で温まり、お風呂上りには
すぐに温かい布団で眠くなるのを待つ習慣や

  • 肉じゃが
  • ポトフ

といった「物理的に」温かいものを摂取することもおすすめです。

下半身を中心に、とにかく体を冷やさないことを意識しましょう。
そしてまた、この着床時期に不安になる症状に
「着床出血」というものがあり、余計な心配をしないためにも
少し知識を身に付けて、安心・覚悟しておきましょう。

妊娠した証となる「着床出血」

「着床出血」とは、妊娠の初期の初期である着床のタイミングで起きていると考えられる出血です。

タイミング的にも、最後の生理開始から3週間後であり
「次の生理が早めに来てしまった」と誤解してしまうこともあります。

着床出血が起きるケースは非常に稀であり、およそ50人に1人と言われていますが
起きて不安になる人・起きなくて不安になる人の両方がいるようです。

しかし、起きても・起きなくても問題ないものであり
「子宮内膜と受精卵の融合の過程」で起きる現象に過ぎません。

「そんなに出るの?」と心配になってしまう人もいるかもしれませんが
1回だけ・少し出る場合や、1週間程度「ダラダラ」続いてしまう場合等
個人差があり、「生理」と勘違いしてしまうケースがあるのも、このためです。

子宮内膜にある血管というのは、着床の過程で簡単に破れてしまい
というよりも、着床の過程で自然と溶けていくものでもあります。

また「不正出血」と同じく、ホルモン環境の変化による出血の場合もありますが
一定の期間で止まるようであれば、過剰に心配する必要はありません。

いずれにしても、症状が落ち着いた後に医療機関を訪れる・妊娠検査薬を試してみましょう。

着床出血に関しては「体質」に依存する傾向があり
妊娠の度に毎回経験する女性も珍しくありません。

「生理」なのか「着床出血なのか」判断する過程においても
「基礎体温」は非常に重要な判断基準になります。

長く続く場合には注意が必要

ただし、出血が長く続く場合には注意が必要であり
場合によって、重大なトラブルが発生していることも考えられます。

特に、子宮外で着床してしまっている「子宮外妊娠」
「化学流産」と呼ばれる、一度着床したのにも関わらず
妊娠状態を維持出来ず、排出されてしまったことによる出血も考えられます。

次の生理の時期・着床時期といったものは、時期的に重なっていることも多く
基礎体温や検査薬を中心に、冷静に判断する必要があります。

タイトルとURLをコピーしました