初期流産を予防して安全に妊娠するための妊活ビタミン「ビタミンE」

妊活の豆知識

妊活にまつわる栄養学・栄養素の話題の際には、
長く有効性が支持されている「葉酸」を代表として
最近では「オメガ3」や、「スピルリナ」といった
それほどメジャーではない、特殊な栄養素の名前を聞くことも増えました。

しかしながら、もちろん「ビタミン」や「ミネラル」といった基礎栄養素も重要であり
その中でも「妊活ビタミン」と呼ばれる、「ビタミンE」の大切さが改めて注目されています。

ビタミンEと言えば、広く知られた「抗酸化成分」であり
美容・アンチエイジングに効果のある栄養素として知られています。

まずは「アンチエイジング効果」が、ビタミンEの持つ力として
妊活にとって、非常に有意義なものであることが挙げられます。

「抗酸化」ということは、細胞1つ1つを「錆び・劣化」から守り
特に妊活カップルにとっては「生殖細胞」の健全・正常化
卵子・精子を元気に保つことが、妊活への好影響になることは間違いありません。

「健康ではない生殖細胞」が招くリスク・残念な結果としては
「流産」や「死産」といったものが挙げられ、これらは「受精卵」の質によって
つまり妊娠した時点で、ある程度の「起きる確率」が決まってしまっていると考えられています。

「生殖細胞」の健康を守る基礎栄養素

このサイトでは、ことあるごとに主張している通り
「卵子」と「精子」それらによる「受精卵」の質を高めることが
安心して、妊娠・出産を迎えるために最も重要なのです。

そしてそのための基礎栄養素がビタミンEであり、更に「受精卵」を作る過程だけでなく
「宿った後」も、赤ちゃんを助けていくれる栄養素でもあります。

妊娠中の安全をサポート

ビタミンEが持つ、アンチエイジングとは違った角度の効果として
「性ホルモン」の分泌を助ける・バランスを整えることが挙げられます。

性ホルモンの生成・正常な分泌に欠かせないものであり
妊活中のカップルにとって、非常に重要な要素を担うものになります。

もちろん、男女共に大切な要素に違いありませんが
特に女性にとっては「受精卵を守り・育む」ために大切なものです。

「着床障害」や「化学(早期)流産」を防ぐために

ビタミンEは、排卵後に分泌が活発になる
「プロゲステロン」というホルモンの分泌も促します。

このプロゲステロンは、「子宮内膜」を発達させ
赤ちゃんを受け入れる環境を作るのに欠かせないものであり
正常に分泌していないことによって、せっかく受精できたとしても
受精卵を、しっかりと「着床」させることができません。

「着床障害」と呼ばれる不妊の症状には、女性器の形状の問題と共に
ホルモンが正常に分泌できていないことによることも考えられます。

また、十分に子宮内膜が発達していないことによって
「化学(初期)流産」のリスクも高まることになります。

「気づかない間に」流産してしまっているケースも存在するのです。

絶対に「不足」させたくない成分

ビタミンEの「過剰摂取による弊害」として、
「骨粗鬆症(こつそそうしょう)」を指摘されることがありますが
一般的な食生活の中で、過剰摂取してしまうことはまずありません。

それよりも、「不足」してしまうことの方が深刻です。

一般的な妊活サプリであれば、ほとんどがビタミンEを配合しています。

また、妊活サプリは経済的に難しいというのであれば
ドラッグストアで売られている「ビタミンEサプリ」を
「基準値の半分」だけ飲んでみることもおススメです。

ビタミンEには血行をよくし、冷え性を改善する効果もあり
「鉄分」と同時に摂取することで、より万全な準備を整えることができます。

「潜在的なリスク」をより低下させるために、最も手軽な栄養素と考えられます。

電話占いヴェルニ(VERNIS)のおすすめ鑑定内容

タイトルとURLをコピーしました